グリップの握り方について

一般的なイメージとして力を入れればボールが遠くに飛ぶという意識があります。

実際に野球などではそうですよね。

バットを強く握り、力を込めてボールを当てればそれでホールランの確率は高まります。しかし、ゴルフと野球には大きな違いがあります。

それはボールを打つ棒の形状です。野球は棍棒型で単調ですが、ゴルフクラブは複雑な形状をしており、野球と同じではありません。

そのため、ゴルフのスイングも通常の意識とは違います。

ゴルフは腕力ではなく遠心力を使うスポーツであり、ゴルフクラブは力を軽く握るような感じで、自分にフィットした感じで打つことが大切です。

ゴルフはグリップの握り方によってボールの飛距離や計画性が違ってきます。

ただ言えるのは、「力を込めないこと」です。

「ちょっと軽く握っているかな」と思うくらいにグリップを握ることが大切です。

初心者は、グリップの握り方でどのくらい飛ぶか把握することが大切です。

家でゴルフを振って見て、イメージトレーニングをしてみることが大切ですが、実際にボールが飛ぶ感覚を知っておかなければいけないということで実践トレーニングをまずはしっかり行っておくべきでしょう。

それで自分なりのグリップの握り方を見つけてください。