ゴルフクラブは古い方が価値があるというのは間違い?

バイオリンなどは使えば使うほど味がでるといいますよね。

絵画でも野球バットでもそうですが、芸術に関連するスポーツ道具というのは古ければ古いほど使いやすく価値のあるものだと思われがちです。

ゴルフクラブにおいてもそうでしょうか?

実は、ゴルフクラブは日々進化しているものであり、最新式のゴルフクラブがより良い使い勝手の良さを持つという特徴があります。

ゴルフは複雑なシステムのスポーツです。

少し前の話になりますが、オリンピックで軽量化された技能式の水泳スーツが認可されてそれによって日本人選手が金メダルを取りました。

システムと道具の間には常に鬩ぎあいがあります。

スポーツのシステムの中で最良のパフォーマンスを出そうとするゴルフクラブメーカーとゴルフルールの間で鬩ぎあいは常に行われているのです。

そして、勝つのは常にゴルフクラブメーカーです。

現状では、ゴルフにおいて確たるルールであり譲れないというものはあまりありません。
そのため、最新のゴルフクラブメーカーが最新のパフォーマンスを出すことができるゴルフクラブを作り出せるのが現状です。

そのため、「新しいゴルフクラブほど良い」というのは鉄則のルールとなっているのですね。