技術が下手でも接待ゴルフはできる!

初心者がゴルフを始めるにあたって最もゴルフを始める動機として大きいのが、
「接待ゴルフ」でしょう。

つまりは真剣プレーをしているように見せかけて技と負けることによって、取引先のゴルフプレイヤーを勝利させて気持ち良くさせて商売において上手く取引を進める接待方法が接待ゴルフなのですが、これは、「良い試合に見せかけてわざと負ける」というテクニックが必要だというのが一般論です。

ただ、そんな方法を取らなくても、初心者が接待ゴルフをできる方法があります。

「派手なミスショットを適度に打つ」というのが、その方法です。

接待というのは何も持ち上げるだけが全てではありません。

わざと下手に出て、それを教えてあげるという楽しみも接待ゴルフの内です。

しかも、それはゴルフ初心者でしか通用しません。

テクニックがないからこそ、ある意味、できない部分を見下して色々なことを言えるということで取引先などを上機嫌にできるのです。

ただ、何度もミスをしてみまうと取引先に対してイラ立ちを覚えさせてしまうので、良いタイミングが必要なのですね。

適度にミスをして相手に気持ちが良いほどにナイスプレーをするというのが初心者でもできる接待ゴルフなのですね。