初心者でもわかるゴルフクラブの種類と特性について

ゴルフクラブには大雑把に言って、5種類あります。

それには独自の特性があります。

特性について5種類のゴルフクラブを紹介していきたいと思います。

まず、「ドライバー」です。

ボールを打つ部分であるヘッドが大きく尚且つて長いというパワー系のゴルフクラブです。

計算なくとにかく遠くに一気に飛ばせるゴルフクラブとあって、最初の1打目にはこの「ドライバー」を使うことが有利になります。

次は「フェアウェイウッド」です。簡単に言えば「ドライバー」の縮小版ですが、池や草地ではなく、平坦な地面上で効果を出します。

「ユーティリティ」は、前述した2つのゴルフクラブの中間地にあるようなゴルフクラブですが、扱いやすいということで、ゴルフ愛好者の中では最も人気があるゴルフクラブです。

「アイアン」は、も短い距離を打つのに向いています。

そして、「ウェッジ」は更に短い距離を打つゴルフクラブです。

「パター」というのはゴルフに興味がないという人ですら知っている言葉ではないでしょうか?

実は「バター」はゴルフクラブの1つです。グリーンでそっとボールを転がすためのゴルフクラブでゴールシュートを打つキッカーのような役目です。

このようにゴルフクラブには色々な種類があるのですね。