伸び悩んでいるゴルファーにおすすめ!Web講座 ゴルフスイング物理学

ネット配信を利用した「Web講座 ゴルフスイング物理学」というゴルフレッスン講座があります。

従来のゴルフの本には動画がありませんので、実際にどのような体の動きをしているのか?写真程度でしか見ることはできません。

DVDのゴルフレッスンだとDVDプレイヤーで動画は見ることができますが、自宅でしか見ることができません。

その点、ネット配信を使ったゴルフレッスン講座の場合だと、PCでも見ることができますしアイフォンなどのスマホでみ見ることができちゃいます。

いつでも、どこでもスマホやタブレットでゴルフレッスン動画を見ることができるメリットは計り知れませんよね?

「Web講座 ゴルフスイング物理学」は、体の使い方や体幹トレーニング、ゴルフクラブという道具の物理などなど、ゴルフ初心者からプロまで幅広く学べる講座になっています。

身体の使い方を動画で学べるというのは、従来の感覚的な言葉による指導に比べて分かりやすく、飛距離アップしたい方やまっ直ぐ飛ばしたい方にとってはエッセンスを吸収しやすい方法になります。

ゴルフを始めてもう永いけど悪い癖の修正方法が分からないという方にとってもかなり有益なレッスン講座になります。

「Web講座 ゴルフスイング物理学」を詳しく紹介しているさいとを見つけましたので興味がある方は一度チェックされることをオススメします。ゴルフスイング物理学 評判

ゴルフにおける足の体重のかけ方について

ゴルフクラブによって足の体重のかけ方は違ってきますが、基本的なものはあります。

ショットをする時にゴルフクラブを構える姿勢をアドレスといいますが、アドレスの基本は膝を曲げてはいけません。

剣道で猫背だと面を打たれやすいように、ゴルフでも膝を曲げると重心が踵側に偏ってしまうため、軽く膝を曲げるくらいが丁度良いです。

そして、足の重心ですが、以下の割合です。

・右「6」
・左「4」

若干、右に重心をおくのがポイントですね。

大体の人は右利きなので右からゴルフクラブを打ちます。

そのため、全身が前に出るゴルフショットだと右にちょっと重心をかけて体重を前のめりにしておくことがポイントですね。

左利きの人は逆になりますね。

つまりは、

・左「6」
・右「4」
という感じですね。

ゴルフは遠心力と肩の回転を使ったスポーツです。

そのため、体にある重力というものはゴルフにおいて重要となります。

ゴルフは円をファクターにしており、円というのは幾つかの要素において中心ができています。

その1つが足の体重のかけ方なのです。それをしっかりと把握してゴルフショットを打つ時の姿勢に慣れをつけておかなくてはいけません。

初心者が気をつけておかなくてはいけないところですね。

グリップの握り方について

一般的なイメージとして力を入れればボールが遠くに飛ぶという意識があります。

実際に野球などではそうですよね。

バットを強く握り、力を込めてボールを当てればそれでホールランの確率は高まります。しかし、ゴルフと野球には大きな違いがあります。

それはボールを打つ棒の形状です。野球は棍棒型で単調ですが、ゴルフクラブは複雑な形状をしており、野球と同じではありません。

そのため、ゴルフのスイングも通常の意識とは違います。

ゴルフは腕力ではなく遠心力を使うスポーツであり、ゴルフクラブは力を軽く握るような感じで、自分にフィットした感じで打つことが大切です。

ゴルフはグリップの握り方によってボールの飛距離や計画性が違ってきます。

ただ言えるのは、「力を込めないこと」です。

「ちょっと軽く握っているかな」と思うくらいにグリップを握ることが大切です。

初心者は、グリップの握り方でどのくらい飛ぶか把握することが大切です。

家でゴルフを振って見て、イメージトレーニングをしてみることが大切ですが、実際にボールが飛ぶ感覚を知っておかなければいけないということで実践トレーニングをまずはしっかり行っておくべきでしょう。

それで自分なりのグリップの握り方を見つけてください。

ゴルフの技術を向上させるには

ゴルフ技術を向上させるにはまずは実践が大切です。

どんなスポーツにもいえることですが、実践に勝るトレーニングはありません。

高校野球で実績もなく伸し上がったという野球部はどの野球部でも練習試合をひたすら繰り返しているというパターンを組んでいることが多いです。

ゴルフ技術に関してもそれは同じなのですね。

ゴルフは対戦相手がいないとできないスポーツです。

そのため、対戦相手を見つけることがゴルフ上達の最善の策となるでしょう。

ゴルフクラブに入ってゴルフ仲間を見つけることは難しいですが、できないことはありません。

しかし、本当に必要としているのは身近な人物がゴルフ仲間になるということです。

親交を深め、ゴルフの腕も上達します。

これはできれば会社内での上司や同僚、または取引先などがいいですね。

一緒にゴルフを楽しみながら、それをお金へと変換することができます。一石二鳥でウハウハです。

もちろん、ゴルフ仲間として今までにない人脈を広げるのも一つの手ですので、まずは「仲間を探す」という点でゴルフを教えてもらったりゴルフ技術を奪える相手を見つけたりすることがゴルフ技術を向上させる最善の策であるといえます。

是非、実践してみましょう。

ゴルフ仲間で楽しむには大型車を使えた方がいい

ゴルフクラブは大きいです。

そのため、軽自動車などには人数分のゴルフクラブを揃えるにはある程度の大きさが必要あります。

それを整えるには大型車が必要です。

そして、それを運ぶ足というのはどのゴルフ業界でも重宝されます。

多人数でゴルフをする時に必要なのは、それを運ぶ運送屋だからです。

車係を『足』といって、非常に重宝される存在であることは一般常識としてありますよね。

実際に運転で事故をしないでしっかりと運転してくれる存在というのは山奥にあるゴルフ場に向かう際に非常に必要な存在です。

そこでゴルフ仲間を集めたいのならば、やはり自分がゴルフクラブを運べる足となる必要があるでしょう。

大きいゴルフクラブを運べる車を持っていて、それを一緒に運べるとなればそれは一つの戦力として扱われるでしょう。

初心者の内は雑用を積極的に行うことも必要です。

それをすることによって、ゴルフクラブを持つ仲間との絆を得ることができます。

特にゴルフ場というのは、車が必須な土地にあることが多いです。

そうした立地を生かして自分なりのゴルフ仲間のコネクションを得ることもゴルフ技術の向上に関するテクニックの一つなのです。

是非、率先して足役になってみてください。

楽しくゴルフをするには、まず、簡単なルールを覚える

ゴルフは、多彩な要素を含んだスポーツです。

そのため、富裕層に愛される要素となっている部分もあります。

・打ち方
・ゴルフクラブの種類分け
・地形
・ルール違反

など、それらを総合してゴルフ技術として向上させる必要があります。

そうしたルールを覚えるのに最も簡単な方法は何でしょうか?

それは、「本」です。

ゴルフは非常に多彩なルールを含んだスポーツです。

それを全てゴルフクラブショップで教えてもらうのは不可能ですし、ゴルフ経験者から教えてもらうにしても一々基礎的なことまで教えなくてはならないとなると嫌われてしまいます。

ゴルフの参考書は非常に役に立ちます。

ゴルフ初心者はまず参考書を読んでみてください。

アマゾンなどの通販サイトでは最新のルールブックが多数出版されています。

参考書を覚えるのに重要なことですが、まず良質な参考書を選び、一冊を中心にゴルフ技術を向上させることを考えた方がいいでしょう。

ゴルフをするには、まずはルールを覚える必要があります。

ルールを覚えるにはまず参考書をしっかり見て、それを実践してキャデイーさんに判断してもらって、知識と実践を確かめることが必要です。

まずは、知識を蓄えましょう。

それには参考書が一番です。

ゴルフクラブは古い方が価値があるというのは間違い?

バイオリンなどは使えば使うほど味がでるといいますよね。

絵画でも野球バットでもそうですが、芸術に関連するスポーツ道具というのは古ければ古いほど使いやすく価値のあるものだと思われがちです。

ゴルフクラブにおいてもそうでしょうか?

実は、ゴルフクラブは日々進化しているものであり、最新式のゴルフクラブがより良い使い勝手の良さを持つという特徴があります。

ゴルフは複雑なシステムのスポーツです。

少し前の話になりますが、オリンピックで軽量化された技能式の水泳スーツが認可されてそれによって日本人選手が金メダルを取りました。

システムと道具の間には常に鬩ぎあいがあります。

スポーツのシステムの中で最良のパフォーマンスを出そうとするゴルフクラブメーカーとゴルフルールの間で鬩ぎあいは常に行われているのです。

そして、勝つのは常にゴルフクラブメーカーです。

現状では、ゴルフにおいて確たるルールであり譲れないというものはあまりありません。
そのため、最新のゴルフクラブメーカーが最新のパフォーマンスを出すことができるゴルフクラブを作り出せるのが現状です。

そのため、「新しいゴルフクラブほど良い」というのは鉄則のルールとなっているのですね。

技術が下手でも接待ゴルフはできる!

初心者がゴルフを始めるにあたって最もゴルフを始める動機として大きいのが、
「接待ゴルフ」でしょう。

つまりは真剣プレーをしているように見せかけて技と負けることによって、取引先のゴルフプレイヤーを勝利させて気持ち良くさせて商売において上手く取引を進める接待方法が接待ゴルフなのですが、これは、「良い試合に見せかけてわざと負ける」というテクニックが必要だというのが一般論です。

ただ、そんな方法を取らなくても、初心者が接待ゴルフをできる方法があります。

「派手なミスショットを適度に打つ」というのが、その方法です。

接待というのは何も持ち上げるだけが全てではありません。

わざと下手に出て、それを教えてあげるという楽しみも接待ゴルフの内です。

しかも、それはゴルフ初心者でしか通用しません。

テクニックがないからこそ、ある意味、できない部分を見下して色々なことを言えるということで取引先などを上機嫌にできるのです。

ただ、何度もミスをしてみまうと取引先に対してイラ立ちを覚えさせてしまうので、良いタイミングが必要なのですね。

適度にミスをして相手に気持ちが良いほどにナイスプレーをするというのが初心者でもできる接待ゴルフなのですね。

初心者でもわかるゴルフクラブの種類と特性について

ゴルフクラブには大雑把に言って、5種類あります。

それには独自の特性があります。

特性について5種類のゴルフクラブを紹介していきたいと思います。

まず、「ドライバー」です。

ボールを打つ部分であるヘッドが大きく尚且つて長いというパワー系のゴルフクラブです。

計算なくとにかく遠くに一気に飛ばせるゴルフクラブとあって、最初の1打目にはこの「ドライバー」を使うことが有利になります。

次は「フェアウェイウッド」です。簡単に言えば「ドライバー」の縮小版ですが、池や草地ではなく、平坦な地面上で効果を出します。

「ユーティリティ」は、前述した2つのゴルフクラブの中間地にあるようなゴルフクラブですが、扱いやすいということで、ゴルフ愛好者の中では最も人気があるゴルフクラブです。

「アイアン」は、も短い距離を打つのに向いています。

そして、「ウェッジ」は更に短い距離を打つゴルフクラブです。

「パター」というのはゴルフに興味がないという人ですら知っている言葉ではないでしょうか?

実は「バター」はゴルフクラブの1つです。グリーンでそっとボールを転がすためのゴルフクラブでゴールシュートを打つキッカーのような役目です。

このようにゴルフクラブには色々な種類があるのですね。